役職紹介 ~基本編~

役職一覧

 『人狼ゲーム』のどれであっても概ね採用されている基本役職について紹介しております。各役職の立ち回りや戦術については別途紹介します。

村人陣営

市民

 何の能力も持たない村人。昼パートに怪しい人物を推理し、誰が人狼であるかを自由に考察して発言することができる。考察をすることで自分が村人陣営であることを積極的にアピールすることが勝利への近道となる。

占い師(予言者)

 夜パートで1人選び、その人が「人狼であるか」「人狼でないか」を調べることができる村人陣営の重要役職。村人陣営の推理に大きな情報を与え、勝利に大きく貢献することができる。その反面、人狼陣営からは最大の脅威であるため、襲撃を受けやすい。

霊能者(霊媒師)

 夜パートにおいて、昼パートで処刑した人物が「人狼であるか」「人狼でないか」を知ることができる能力を持つ。占い師を名乗る人物が複数いる場合、誰が本物であるか特定したり、残りの人狼の数を村人陣営に知らせたりすることができる。往々にして、昼パートの進行役になることが多い。

狩人(騎士)

 村人陣営の頼れるナイスガイ。夜パートにおいて、1人だけ護衛する人を選び、人狼の襲撃から防ぐことができる役職。自己を護衛することはできないため、自分が狩人だと人狼役にバレてしまうと襲撃されやすくなる。疑われず、なおかつ人狼からも襲撃されない立ち回りが求められる。

人狼陣営

人狼

 村人の姿に化けた人狼。夜な夜な村人を1人襲撃することができる。人狼が複数いる場合は、ゲームスタート時にお互いが人狼であることを確認し、夜パートに作戦など相談することができる。

 人狼役は周囲から疑われないように昼時間の議論を誘導しながら、投票による処刑を逃れる必要がある。村人陣営の役職者を騙ることで、村人陣営の議論をかく乱するなど正体がバレないようにしよう。

狂人(裏切りもの)

 人狼陣営に味方する人間。村人陣営の人数として数えられるが、人狼陣営が勝利することで自身の勝利となる。ゲーム開始時、人狼役が誰であるかはわからないため、人狼役が誰であるかを見抜いて、村人陣営の役職を騙ったり、議論を乱すことで人狼役が処刑されないようにサポートをすることが求められる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました