はじめに

その他

『人狼ゲーム』とは?

 『人狼ゲーム』とは、プレイヤーがそれぞれ村人役村人に化ける人狼役になり、会話や推理で相手の正体を推測しながら、それぞれの陣営の勝利を目指すパーティーゲームである。

 前提として、村人役のプレイヤーは、プレイヤー同士の正体が何であるかわからないが、人狼役のプレイヤーは人狼同士お互いを確認した状態でゲームが始められる。

~ゲームの進行~

 ゲームは昼パートと夜パートで交互に繰り返して進行していく。昼パートでは、生存者全員で議論し、投票によって怪しい人物を1人処刑する。夜パートでは、人狼役が村人役を1人襲撃する。処刑もしくは襲撃されたプレイヤーは、以降の議論や投票に参加することができない。どちらかの陣営が以下の勝利条件を満たすまで、これを繰り返す。

 ゲームのルールによって、市民陣営にはさまざまな能力者(占った人物が人狼かそうでないかが分かる能力、1人だけ人狼からの襲撃を防ぐことができる能力など)がおり、それらの情報をもとに推理して人狼をすべて処刑することが目標となる。

 反対に、人狼陣営は仲間がお互いにわかっているため、協力して市民陣営を欺き、村人役を処刑・襲撃することで市民陣営を減らしていくことが目標となる。

~勝利条件~

 市民陣営は、昼パートの処刑により人狼役をすべて処刑すれば勝利となる。

 人狼陣営は、昼パートの処刑および夜パートの襲撃により、人間の数を人狼の数と同数以下にすれば勝利となる。

ゲームメイクをするのは『人狼役』である

 『人狼ゲーム』は一般に人狼陣営が少ない状態から始まるため、昼パートで疑われる発言や行動をしてしまうとあっという間に多数決によって処刑されてしまう。人狼陣営が勝利するためには、《いかに村人役を騙せるか》で決まると言ってよいだろう。

 つまり、どちらの陣営が勝利するかは『人狼役』の実力次第なのである。

 しかし、そうは言っても人狼役は自分が疑われないように市民陣営を誘導する必要があり、単純に怪しい人を探せばよい市民陣営より大変である。そのうえ、ゲームとはいえ、周囲から疑われ処刑されるというのは心情的にも辛いものがある。『人狼ゲーム』をプレイしたことがある人であれば、「市民役で推理するのは楽しいけど、人狼役はイヤだなぁ・・・」と感じるプレイヤーが多いのではないだろうか。

 当ブログでは、『人狼役』に対する苦手意識を克服し、人狼陣営での勝利に楽しさを見出してもらうことを目的にしている。みなさまの人狼ライフの一助となれば幸いである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました